米輸入制限でパネル設置

WTO、中国の知財侵害も

©一般社団法人共同通信社

 【ジュネーブ共同】世界貿易機関(WTO)は21日の会合で、米国による鉄鋼などの輸入制限を不当とする欧州連合(EU)や中国など7カ国・地域が求めていた紛争処理小委員会(パネル)の設置を決定した。また中国が知的財産権を侵害しているとして米側が求めていたパネルも設けることになった。

 パネルは通商紛争訴訟で「一審」に当たり、トランプ米政権が仕掛けた「貿易戦争」を巡りWTOで本格的な審理が始まることになった。さらにEUなどの報復措置は不当として米国が要請したパネルの設置も決まった。