18年間、体内にガーゼ置き忘れ 新潟市民病院でまた判明

©株式会社新潟日報社

 新潟市民病院(新潟市中央区)は21日、2000年に手術をした新潟市の70代女性の体内にガーゼ1枚を置き忘れ、18年間放置する医療ミスがあったと発表した。女性は11月にガーゼの摘出手術を受けた。同病院は女性と家族に謝罪した。

 同病院によると、ガーゼは縦30センチ、横30センチほど。今年10月に女性がコンピューター断層撮影装置(CT)検査を受けた際、下腹部に腫瘤(しゅりゅう)が見つかったため、11月に摘出したところガーゼだった。置き忘れによる健康被害はなかった。

 女性は00年に同病院で手術を受けた以外に下腹部の手術歴がないことから、置き忘れと判明した。術後は良好で、既に退院した。

 同病院は当時、手術前後のガーゼの枚数が一致しない場合にエックス線撮影で確認していた。女性の手術ではガーゼの枚数は手術前後で一致していたことなどから、エックス線撮影はしなかった。手術前に準備したガーゼの枚数を数え間違えて、1枚多かった可能性が高いという。

 04年以降は、全ての手術後にエックス線撮影で確認している。片柳憲雄院長は「患者と家族に心からおわび申し上げる。あらためて、これらの取り組みを徹底し、再発防止に努める」とするコメントを出した。

 同病院では近年、術後18~24年間ガーゼを体内に置き忘れていたことが05年と07年に判明している。