DeNAが新入団発表会見 ドラ1上茶谷が記した一言は「本気」、背番号は「27」

©株式会社Creative2

新入団選手会見に臨んだDeNAドラフト1位の上茶谷大河(写真奥)【写真:荒川祐史】

「プロの中のプロを目指して今、本気を込めて生きる」

 DeNAは22日、横浜市内で新入団発表記者会見を行い、支配下6選手、育成1選手の入団が正式に発表された。ドラフト1位で入団が決まった東洋大の上茶谷大河投手は、色紙に「本気」と記し「僕が掲げたのは本気です。プロの中のプロを目指して今を本気で生きる意味を込めてこの言葉を選びました」と意気込みを語った。

 かつては平松政次投手や、小宮山悟投手も背負った伝統ある背番号「27」のユニホームに袖を通した上茶谷は「初めて袖を通してDeNAベイスターズの一員になったんだなという気持ちになって、これから頑張っていこうという気持ちになりました。目標とするのはコーチになられた三浦大輔投手。長くベイスターズを背負っていけるような投手になりたい」と話した。また、ドラフト2位の伊藤裕季也内野手の背番号は「4」、ドラフト3位の大貫晋一投手は「16」となった。

 会見に同席したアレックス・ラミレス監督は「今日ここに来られて嬉しく思っている。この機会にいることができて特別な気持ちを感じている。我々が必要な選手を獲得できた、探していた選手を獲得てきたと思っている。我々のスカウト陣に感謝の気持ちを伝えたい。この選手たちが活躍すると、強く信じている」と、ルーキーたちの活躍を願っていた。(白井京子 / Kyoko Shirai)