スマホ決済で購入額20%を還元

ソフトバンク系のペイペイ

©一般社団法人共同通信社

 ソフトバンクとヤフーが出資するスマートフォン決済サービスのペイペイ(東京)は22日、購入額の20%を還元する利用者拡大キャンペーンを始めると発表した。12月4日から来年3月末の期間限定で、総額100億円を顧客に戻す。

 スマホ決済で先行する楽天やLINE(ライン)に追いつくため、利用者と加盟店の獲得を狙う。期間中に加盟店でペイペイのスマホ決済を通じて支払えば、1回ごとの決済額の20%が残高として翌月10日に戻る。1カ月の還元額の上限は1人当たり5万円。利用にはアプリを入手する必要がある。

 ファミリーマートやビックカメラなどが近く加盟店に加わる。