初の岩国絆駅伝に53チーム出場

©株式会社中国新聞社

 岩国市の複合運動施設「愛宕スポーツコンプレックス」を舞台とする「IWAKUNI絆EKIDEN(岩国絆駅伝)」が23日、初めて開かれる。6部門に計53チームが出場する。

 施設の陸上競技場「55フィールド」を発着点とする周回コースを5区間で競う。一般男子1部(出場チーム10)と高校男子(同2)は1区間6・24キロの計31・2キロ、一般男子2部(同18)、高校・一般女子(同3)、中学男子(同12)、同女子(同8)の各部は1区間3・12キロの計15・6キロでたすきをつなぐ。

 同駅伝は1953年から昨年まで開催された錦川清流駅伝競走大会(旧岩日駅伝)の流れをくむ。市体育協会や中国新聞防長本社などでつくる実行委員会の主催。