中国、豚コレラが20省に拡大

60万頭を殺処分、対策強化

©一般社団法人共同通信社

消毒される豚舎=8月、中国浙江省(共同)

 【北京共同】中国農業農村省は23日の記者会見で、8月に中国で初めて確認されたアフリカ豚コレラの感染被害が20省に拡大し、既に60万頭を殺処分したと明らかにした。衛生管理が不徹底で感染が広がった。「情勢はかなり厳しい」として、対策を強化する。

 農業農村省は、生きた豚の長距離輸送や、食堂の食べ残しの餌を通して広がったと分析。全国に約2600万戸ある零細養豚業者の衛生管理が遅れている上、発症までの潜伏期間も長いことから、拡大防止の作業は「極めて困難だ」と認めた。

 今後、省をまたいだ違法な豚の取引の取り締まりや、業者への指導を強化する。