ジャニーズあるある?Jr.安井謙太郎、サプライズで初司会!

©株式会社シネマトゥデイ

司会者として堂々たる姿を見せた安井謙太郎

 ジャニーズJr.安井謙太郎が23日、新宿ピカデリーで行われた初主演映画『ニート・ニート・ニート』(公開中)の初日舞台あいさつに山本涼介森田美勇人(ジャニーズJr.)、灯敦生宮野ケイジ監督と共に登壇。安井は、直前にMCを務めることを言い渡されたと困惑した表情を見せると、森田は「(サプライズは)ジャニーズあるあるだよね」と励ましていた。

【写真】ジャニーズあるある?安井謙太郎&森田美勇人

 渡された台本をパラパラとめくった安井は「お好きにお願いしますって書いてあるんですけれど」と困惑し、「もうちょっと前に教えていただけるとよかったのに」とぼやきつつも、持ち前の明るいキャラクターと闊達なトークで撮影エピソードを登壇者たちにふるなど、司会者として堂々たる姿を見せる。

 そんな安井は初主演ということで、他の共演者やスタッフが、安井の座長ぶりをどう思っているのかに興味があったようで、直球質問。山本が「安井くんはスタッフさんと一番コミュニケーションをとってくれていました。常に元気で、すごく助かった」と称賛すると、灯も「現場の空気がよくなりますよね」と追随する。安井はダメぶりを語ってもらい、場を盛り上げようとしていたようで、ほめ言葉が続く状況にやや苦笑い。

 さらに宮野監督が「まじめな話をしますが、主演ってやっぱり特別。そして主演と監督は作品に対してすべての責任を背負うので孤独なものなんです。でも初めて会ったとき、すごく波長が合った。彼ならすべてを任せられると思った」と大絶賛すると、安井は照れくさそうだった。

 本作は、三人のニートと一人の少女が夏の北海道を舞台に、縦横無尽な逃避行を繰り広げる青春ロードムービー。初主演映画の初日舞台あいさつで初MCという“無茶ぶり”に見事なトーク力で応えた安井は「まさかMCをやらされるとは思っていませんでした。でもラジオをやっていてよかった」と安堵。

 続けて無事初日が迎えられたことについて「最初はすごく少ない劇場での公開予定でしたが、皆さんの声のおかげで100館近くまで広がりました。ロケでお世話になった北海道の皆さんを含め多くの方々の支援で映画が完成しました。北海道は大きな地震が起きてまだあまり時間がたっていませんが、この映画が少しでも力になって恩返しできればいいと思っています」と熱い思いを語り、降壇時には何度も客席に向かって頭を下げる安井の姿が印象的だった。(磯部正和)