中国、「公平な投資環境」要求

米の対華為工作で

©一般社団法人共同通信社

 【北京共同】米政府が同盟国に対し、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の製品を使わないよう説得工作を始めたとの報道について、中国外務省の耿爽副報道局長は23日の記者会見で、関係国に対し「中国企業の投資協力のために公正で公平な環境を提供するよう希望する」と述べた。

 耿氏は具体的な報道内容を把握していないとした上で、中国企業による対外投資や経済協力は現地の法律を順守することが原則になっていると主張し、同社の製品に問題はないとの立場を示唆した。