鈴鹿アンリミテッドFCのJFL昇格が決定!

©株式会社愛幸

JFL昇格をかけて行う全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2018の決勝ラウンドが11月21日(水)から行われている。

決勝ラウンドには鈴鹿アンリミテッドFC、FC刈谷、J.FC MIYAZAKI、松江シティFCの4チームが進出し、JFLを昇格への熱い戦いが繰り広げられている。

鈴鹿が悲願のJFL昇格!

全国地域サッカーチャンピオンズリーグの決勝ラウンドが11月21日(水)から行われ、25日(水)に三重県の鈴鹿アンリミテッドFCがJFL昇格を決めた。

同大会は関東や関西、北信越の9地域最上位リーグの1位チーム同リーグ3位以内の中で全国社会人サッカー選手権大会の上位2クラブでJFL参入を目指すチームが出場する。なお、同大会は1次ラウンドと決勝ラウンドが行われるが、いずれもリーグ戦によって順位を決定している。

1次ラウンドは北海道、岐阜、島根の3会場、2次ラウンドはゼットエーオリプリスタジアム(千葉県市原市)で行われている。

また、同大会は社会人年代(1種)の大会でありながら、最大で平日を含む5連戦となり、日本1過酷なサッカー大会とされている。

決勝ラウンド2日目終了時点での試合結果は以下の通り

11月21日(水)決勝ラウンド1日目

FC刈谷 1-1 松江シティFC

鈴鹿アンリミテッドFC 3-0 J.FC MIYAZAKI

11月23日(金・祝) 決勝ラウンド2日目

FC刈谷 1-2鈴鹿アンリミテッドFC

松江シティFC 2-1 J.FC MIYAZAKI

この結果、2連勝の鈴鹿アンリミテッドFCが勝ち点6で2位以内が決定。来季のJFL昇格を決めた。

今後、同クラブは、昇格に向けた調査などが行われ、12月6日の会議でJFLへの参加が正式に承認される。

なお、J.FC MIYAZAKIの3位以下が決定したため、JFL昇格の残り1枠をかけた戦いは1勝1分けの松江シティと1分け1敗のFC刈谷の争いとなった。

昇格を決めた鈴鹿は来シーズン、JFLの舞台で同じ三重県のヴィアティン三重と対戦し、三重ダービーが実現することとなる。