大網白里切断遺体、長男を逮捕

©株式会社千葉日報社

 大網白里市など九十九里浜の約10キロの範囲で9~10月、山田容子さん(75)=八街市八街ほ=の切断遺体が相次いで見つかった事件で、東金・茂原署合同特別捜査班は24日までに、死体損壊・遺棄の疑いで同居する長男で自称会社員、山田基裕容疑者(37)を逮捕し、同日送検した。特捜班によると、大筋で容疑を認めている。容子さんが死亡した経緯を知っているとみて調べる。

 逮捕・送検容疑は9月26から27日までの間、自宅で刃物のようなもので容子さんの遺体を切断し、大網白里市四天木周辺に胴体や頭部などを遺棄した疑い。

 捜査関係者によると、容子さんは9月下旬から行方不明になっていたが、基裕容疑者は警察に届け出をしておらず、同時期に自宅から九十九里浜方面へ向かう基裕容疑者の車が防犯カメラに写っていた。

 特捜班は今月16日から自宅を家宅捜索して押収物を調べ、数日間にわたり任意で基裕容疑者を事情聴取。容疑が固まったとして23日深夜に逮捕した。

 遺体の胴体は9月29日朝、大網白里市四天木の堀川河口で釣り人が見つけ、右脚と頭部は10月2日にそれぞれ白子町と九十九里町の海岸で、同8日になって左脚が同町の片貝漁港で見つかった。両脚は足首から先がなく、両腕が見つかっていない。

フードをかぶりうつむき、送検のため車両に乗り込む山田容疑者=24日午前9時ごろ、東金署