高萩・花貫渓谷 色づくモミジやクヌギ

©株式会社茨城新聞社

多くの観光客が訪れた紅葉鮮やかな花貫渓谷=高萩市大能

高萩市の紅葉スポット「花貫渓谷」で、モミジやクヌギなどの葉が鮮やかに色づき、見頃を迎えている。

渓谷の中間に位置する延長約60メートルの汐見滝吊り橋のたもとには木々が群生。赤や黄、緑の葉が交じり、この時期ならではの華やかさで訪れた多くの人たちの目を楽しませていた。

市観光協会によると、つり橋周辺の紅葉は、特に赤の色づきが遅く「今月いっぱい楽しめそう」という。渓谷全体は見頃のピークを迎えており、30日まで「紅葉まつり」が開かれている。問い合わせは同協会(電)0293(23)2121
(湯浅奈実)