東京五輪開幕まで20カ月

桐生選手らが42キロリレー

©一般社団法人共同通信社

2020年東京五輪を盛り上げるイベントに参加した陸上男子の桐生祥秀選手(右端)ら=24日、東京・代々木公園陸上競技場

 2020年東京五輪開幕まで20カ月となった24日、大会を盛り上げるイベントとしてアスリートや一般参加者がマラソンと同じ42.195キロを走るリレーマラソンが東京・代々木公園陸上競技場で行われた。女子マラソン世界記録を上回る2時間14分39秒でゴールし、ゲストランナーで参加536人のアンカーを務めた陸上男子の桐生祥秀選手は「みんながつないでくれてうれしかった」と笑顔を見せた。

 陸上女子の福島千里選手やパラ陸上の山本篤選手らも参加。幼児から1968年メキシコ五輪男子マラソン銀メダルの君原健二さん(77)まで幅広い年齢層が異なる距離を走った。