ベッテル「ハイパーソフトでのスタートを避けることができて本当によかった」:F1アブダビGP土曜

©株式会社サンズ

 2018年F1アブダビGPの土曜予選で、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは3番手だった。

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル 予選=3番手
 今日の僕らは、タイヤ戦略という面で正しい方向に向かって取り組んでいたし、うまくやれたと思う。昨日はあらゆることを試してみたものの、ハイパーソフトタイヤが長持ちしなかったので、スタートタイヤとして好ましくないという確信を持っていた。

 2回目のランでタイムを縮めることができるだろうと分かっていた。ウルトラソフトでスタートしたかったから、Q2でリスクを負ってでも、同じコンパウンドで2回のアタックを走ったことに満足している。

 全体的に見て予選には満足だ。明日はフロントロウからスタートしたかったが、ライバルたちはおそらく、Q3最後の走行までパフォーマンスをセーブしていたのだろう。

 ガレージの皆に伝えたように、レースでは力の限り戦うつもりだ。何が起きてもおかしくはない。今日はストレートでのスピードはよかったが、ダウンフォースが足りず、最終セクターで遅れた。何ができるか考えるよ。間違いなく長いレースになる。