クリスマス、ぼっち飯…あなたが「独り」を感じるのは、どんなとき?

©ジグノシステムジャパン株式会社

東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、さまざまな人々に声をかけ、ひとつのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーと共に考えるのはパーソナリティの堀内貴之。
今回のテーマは「自分は“ひとり”だと感じますか?」でした。「おひとりさま」という言葉が登場し、今ではかなり定着しました。独身の方のことをいう場合もありますが、「おひとりさま焼肉」「おひとりさまカラオケ」などの単独行動を指すことも。“ひとり”は孤独なのか、家族といても孤独なときはあるのか……街の人に自分は「ひとり」だと感じるかどうかを聞いてみました。

※写真はイメージです

テーマ「自分は“ひとり”だと感じますか?」

【上野で出会った30代の男性】

“ひとり”だと感じます。これからクリスマスにかけて、イルミネーションが賑わっている街をひとりで歩くときに感じます。カップルを多く見かけるので、自分も相手を見つけたいな~って思います……。自分も手を繋ぎたいなって、指をくわえながら見ています。家に帰ったときに明かりのついていない部屋に入る瞬間が寂しいです。

――じゃあ、そこが変われば“ひとり”だなっていう思いも変わりそう?

人生が変わると思います! 薔薇色になると思います!

【汐留で出会った40代の男性】

感じないですね。嫁さんも子どももいるので、孤独だなって感じることはあんまりないですね。

――メンタルが落ちることはないということですか?

いや、そんなことはないですけど、孤独だなと思って落ちることはないですね。もともと、けっこう楽観的なので、深く考えてガーッと落ちこむことはないですね。

【目黒で出会った25歳の女性】

たくさんあります。ひとりで仕事終わりに食事をしていたり、休日にひとりでいるときに孤独を感じますね。SNSをチェックしたりしながら食事をするんですけど、友達のインスタを見たときに、友達が楽しそうに食事をしていたり、彼氏と一緒に過ごしたりしているのを見ると、寂しくなっちゃいますね。

――SNSをついついチェックしてしまう?

チェックしちゃいますね(笑)。寂しさもあって、やることがないからかもしれないですね。私には声がかかっていないのに、仲のいい友達が大勢で飲み会をしていたりすると、寂しくなりますね(笑)。

――“ひとり”を感じない日はない?

ほぼほぼ、毎日感じます。友達と飲みに行って帰ってきても、暗い部屋で「あ、寂しい」って思いますし。ほぼ、毎日ですね。

【目黒で出会った32歳の男性】

まわりの友達が結婚しはじめてしまって、以前のように遊べなくなったりしたときに、ひとりの時間が長いなって感じがします。

――友達とプライベートで遊ぶ時間は?

その時間も減ってしまいましたね。まわりの友達にとっては嬉しい変化なんですけど、自分はまだ(結婚相手に)出会ってないなという感じるときに、ひとりだなと感じてしまいますね。自分にはまだ、その変化が来てないから、ちょっと遅れを感じるというか。

――“ひとり”って、何だと思いますか?

ひとりって、孤独とかマイナスイメージが強いんですけど、楽しい部分もたくさんあるのかなとも思いますね。誰にも気兼ねなく行きたいところに行けたりとか、自分のペースで行動できるというのは大きなメリットだと思います。自由な時間を持つことも大切かなと思っているので、ひとりは、寂しくもあり楽しい時間でもありますね。

【原宿で出会った17歳の女性】

たまに感じます。学校で、仲のいい友達がほかの友達と話をしているときとかに、ひとりになっちゃうことがあるので、そういうときに感じます。

――友達が多いほうが“ひとり”を感じない?

私はそう思います。友達がいっぱいいたほうが、ひとりになるタイミングがないと思うんですよ。友達がいたほうが「逃げ道」があるような気がします。

――“ひとり”だと思われることが嫌だと思ったことは?

思ったことはあるんですけど、基本的に我慢できるタイプなので。一瞬、ひとりだからどうしよう、輪に入ろうかなと思うんですけど、性格的に入れないので、しょうがないなと思いながら、ひとりでいますね。まわりのほかの子たちは楽しんでるので、あまり気づいてくれないときもあります。別にひとりでもいられるので、ひとりでいます。

――SNSとかで友達と繋がることについては、どう思いますか?

それもあんまりないです。SNSもけっこう面倒くさいので、繋がってもないですね。ひとりでいるほうが楽しいので。いろんな人と関わると、いろんな人に巻き込まれたり、相談されたりとかするので。ひとりの時間のほうが、自分でなんでも考えられるので、私にとっては、楽しい時間ですね。

――“ひとり”とはどういうもの?

なくてはならない存在だと思います。ひとりの時間が1日の中にないと、嫌な気分になりますね。学校にいるときは人といるんですけど、たまにひとりでいるのも楽しいです。

【ひとりは「寂しい」? ひとりは「楽」?】

堀内貴之は「ひとりが好き、となる人たちは、人に気を遣いすぎちゃっているのかもしれませんね。人と関わることに対してセンシティブに考え、先の展開を考えすぎると、なんにもできなくなっちゃう。あんまり考えすぎずに、頼ったり話したりしてもいいんじゃないかな。ひとりの時間はもちろん大事。でも、そこに閉じこもりすぎず、ときどきはみんなの中に顔を出してみる。考えすぎずにね」とコメント。空気を読むことや人を気遣うことが良しとされている世の中で、「ひとり」を愛する人たちも増えている……そんなふうに感じました。

<番組概要>
番組名:シンクロのシティ
放送日時:毎週月~木曜15:00~16:50
パーソナリティ:堀内貴之、MIO
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/city/