リベルタ杯、決勝戦がまた延期に…クラブW杯に間に合うのか?

©株式会社コリー

『TyC Sports』は25日、「リベルタドーレスカップ決勝戦2ndレグの開催日は、27日の会議で決定される」と報じた。

当初24日に行われる予定となっていた試合は、ボカ・ジュニオルスのチームバスがリーベル・プレートのサポーターに襲撃されたことで延期となった。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

敵地エスタディオ・モヌメンタルに向かっていたバスは、投石によってガラスが割られ、選手には催涙スプレーも浴びせられたという。

試合は25日にスライドされることが決定していたが、ボカ・ジュニオルス側がそれをプレーすることを拒否した。

選手が事件によってコンディションを崩しているため「同等の条件で試合ができない」と主張するとともに、事件を起こしたリーベル・プレートには失格も含めた罰則を言い渡すことを求めている。

これを受けて南米サッカー連盟(CONMEBOL)は再び試合を延期することを決定している。

記事によれば、CONMEBOLは27日にパラグアイで行われる会議において新たなスケジュールを決定する方針だという。

テレビ局は権利上の問題で週末の開催を要求しており、平日に再配置することはほぼ不可能と見られる。

しかしアルゼンチンは国内リーグが行われており、両クラブは12月2日にそれぞれインデペンディエンテ、ヒムナシア・ラ・プラタとの試合を控えている。

ところが、このリベルタドーレスカップの優勝者はクラブワールドカップに出場しなければならない。南米代表は18日が初戦だが、準備のため11日には会場のUAEに到着する必要がある。

この制限の中でどのように試合を再配置するのか。現実的には今週末のリーグを延期して開催するしかなさそうであるが…。