柏レイソル、精神的支柱クリスティアーノが残留か。代理人がSNSを更新

©フットボール・トライブ株式会社

柏レイソルのFWクリスティアーノは来季も同クラブでのプレーを続ける可能性が高いようだ。

クリスティアーノは2016年夏にヴァンフォーレ甲府から柏レイソルへの完全移籍を果たすと、2ndステージで9ゴールをマーク。昨季はリーグ戦33試合に出場し12ゴールをあげるなどチームに欠かせないストライカーとしての地位を確立している。

また今季は2度の監督交代とチームが苦しい中、リーグ戦29試合で先発出場を果たすなど精神的支柱としての役割も果たしており、今節のセレッソ大阪戦ではゴールを決めた後、まっすぐにサポーターのもとに駆け寄るなどファンからも絶大な支持を得ていた。

その中、同選手の代理人が昨晩に自身のSNSを更新。インスタグラムにおいて柏レイソルのユニフォームを着たクリスティアーノの写真を投稿するとともに「クリスティアーノはゴールを決めてセレッソ大阪でチームを勝利に導いた。来年は2倍の挑戦になるが、J1復帰は誰にとっても目標である」というコメントを添えている。

柏レイソルはセレッソ大阪戦で3得点による快勝劇を飾ったものの、湘南ベルマーレ、サガン鳥栖、そして名古屋グランパスがそろって勝利を飾ったため、J2リーグへの降格が確定している。それでもクリスティアーノは1シーズンでのJ1リーグ復帰という目標に向けて戦うことだろう。