V長崎2連覇 全日本少年サッカー長崎県大会

©株式会社長崎新聞社

 サッカーの第42回全日本少年県大会は10~24日、長崎県諫早市のトランスコスモススタジアム長崎などで行われ、V・ファーレン長崎U-12が決勝でスネイルを2-0で破り、2年連続3度目の優勝を飾った。V長崎は全国大会(12月26~29日・鹿児島)の出場権を手にした。

 各地区予選を勝ち抜いた32チームが参加。トーナメントで競った。

 決勝はV長崎が前半20分、MF菊池のパスを受けたFW宮崎が右足で決めて先制。1-0の後半3分にはオウンゴールで加点した。スネイルもFW井原らが果敢にシュートを放ったが、DF内山らを中心としたV長崎の堅い守りを最後まで崩せなかった。

 ■主将の宮崎 先制Gで流れ

 諫早市勢同士の対決となった決勝は、V・ファーレン長崎U-12がスネイルに快勝。ピッチを広く使った攻撃と今大会5試合計1失点の堅守でV2を達成した。尾崎監督は「連覇の重圧もあった中、しっかりと力を出せたのは立派」と選手たちをたたえた。

 決勝は主将のエースFW宮崎が流れをぐっと引き寄せた。前半20分、MF菊池のロングパスに反応して相手DFの裏に抜け出すと、落ち着いて先制ゴール。自身今大会5得点目に「役割を果たせてうれしかった」と笑みを浮かべた。後半3分には右サイドから持ち込んだMF川端のシュートがDFに当たってオウンゴール。試合の大勢を決めた。

 宮崎は「最後まで全員でやり切れた」と勝因を挙げ、昨年は1次ラウンドで敗退した全国大会に向けて「まず決勝トーナメント進出が目標。いい結果を出せるよう自分が頑張る」と雪辱を誓っていた。

【決勝、V長崎―スネイル】前半20分、先制ゴールを決めてチームメートと喜び合うV長崎のFW宮崎(右から2人目)=トランスコスモススタジアム長崎