公明代表、来年の改憲発議は困難

「合意熟成の余裕ない」

©一般社団法人共同通信社

共同通信きさらぎ会で講演する公明党の山口代表=26日午後、東京都内のホテル

 公明党の山口那津男代表は26日、東京都内で開かれた共同通信きさらぎ会で講演し、2019年中の憲法改正に向けた国会発議は困難だとの認識を示した。来年の政治日程を挙げ「改憲について合意を熟成する政治的余裕は見いだしにくい」と述べた。来年夏の参院選と衆院選の同日選の可能性に関し「エネルギーが分散されるのは好ましくない。解散権を持つ人は熟慮すべきだ」と述べ、慎重な立場を示した。

 同時に「(参院選は)自民党としっかり選挙協力をして、必要な議席を確保したい。厳しい選挙だと覚悟している」と強調。「連立政権を制御する公明党の役割は必要不可欠だ」とも語った。