京大病院で心臓手術の患者死亡

医療事故、60代女性

©一般社団法人共同通信社

記者会見で謝罪する京都大病院の稲垣暢也病院長(中央)ら=26日午後、京都市

 京都大病院は26日、6月に実施した60代の女性患者の心臓手術で、肺動脈カテーテル(細い管)で心臓を傷つける医療事故があり、女性が約4カ月後に低酸素脳症で死亡したと発表した。カテーテルの位置を調整しようと引き抜こうとした際、心臓を損傷、出血したとしている。

 稲垣暢也病院長は京大病院で記者会見し「肺動脈カテーテルの使用に関するルールに不十分な点があり、患者さんがお亡くなりになった。ご家族に深くおわび申し上げます」と謝罪した。

 女性は大動脈弁狭窄症と診断され、人工弁に置き換える手術を行うため、直径約3ミリのカテーテルを手術前に首から肺動脈に挿入しようとした。