住宅リフォーム市場に関する調査を実施 ~2018年第3四半期~

2018年第3四半期の住宅リフォーム市場規模は1.4兆円、前年同期比9.9%のマイナスに

©矢野経済研究所

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、住宅リフォーム市場の短期的な市場トレンド調査を実施し、2018年第3四半期の市場規模(速報値)を公表する。

1.市場概況
2018年第3四半期(7~9月)の住宅リフォーム市場規模は1兆4,467億円(速報値)、前年同期比で9.9%減と推計する。猛暑・豪雨・台風に加え、北海道での地震など自然災害に見舞われた第3四半期は、概して低迷した。

2.注目トピック~2018年1~9月期の住宅リフォーム市場規模は4.3兆円 前年同期比5.3%減

2018年1~9月期は、4兆3,062億円(前年同期比5.3%減)であった。2018年は、第2四半期でやや回復基調の兆しが見受けられたが、結果的には昨年の第4四半期から総じて軟調である。

3.将来展望
2018年の住宅リフォーム市場規模は、5.9~6.1兆円を予測する。上述したとおり、2018年1~9月(第1~3四半期)の市況は、第3四半期が大きく落ち込んだことが影響し、通年でみると6兆円を割り込む可能性があるものとみる。今後、2019年10月に予定される消費税増税に向けて徐々にリフォーム需要が顕在化し、回復期に向かうものと考えるが、現時点では需要の鈍い状況が続いている。