森永製菓もアイス値上げへ

チョコモナカジャンボなど

©一般社団法人共同通信社

森永製菓が値上げするアイスクリーム「チョコモナカジャンボ」

 森永製菓は26日、来年3月の出荷分から、アイスクリーム「チョコモナカジャンボ」など5商品を税別で10円、箱入りのアイス「パリパリバー〈バニラ〉」など2商品を税別で20円値上げすると発表した。値上げは2015年3月以来、4年ぶり。物流費や人件費、原材料の上昇が理由だという。

 「チョコモナカジャンボ」や「ビスケットサンド」などの希望小売価格は、税抜きで130円から140円となる。箱入りの「パリパリバー〈バニラ〉」と「パキシエル」は20円高い350円となる。

 物流費や原材料費の上昇によりアイス商品の同時期の値上げが相次いでいる。