米、中国に追加関税上げ方針明言

合意なければ全輸入品に拡大

©一般社団法人共同通信社

トランプ米大統領発言ポイント

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は26日、中国からの輸入品2千億ドル(約22兆7千億円)分に課した10%の追加関税率について、来年1月に25%に引き上げる方針を明言した。その上で、中国の習近平国家主席と今週末に開く首脳会談で、貿易問題を巡って何も合意できなければ、追加関税の対象を全輸入品に拡大する意向も強調した。

 米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版のインタビューで語った。

 トランプ氏は首脳会談を直前に改めて強硬姿勢を示し、米政権が求める貿易不均衡の是正や知的財産権侵害の防止などに中国が真剣に取り組むよう圧力を強めた形だ。