英EU離脱案合意に懸念

トランプ米大統領

©一般社団法人共同通信社

左からトランプ米大統領、メイ英首相(いずれもロイター=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は26日、英国の欧州連合(EU)離脱合意案が25日のEU特別首脳会議で正式決定されたことについて「欧州にとっては良い合意のように感じるが、英国が米国と個別に貿易取引できないことになる可能性があり、それは良いことではない」と懸念を示した。

 メイ英首相はEU離脱後に米国との自由貿易協定(FTA)を締結したい考えを示している。英PA通信によると、英首相官邸の報道官はトランプ氏の発言を受けて「EUとの合意案によれば英国は独立した貿易政策を取ることができる」とし、米国を含め世界中の国々と貿易協定を結ぶことが可能との見方を示した。