「おいしいカレーは、おいしい玉ねぎからはじまる」という真理

©INCLUSIVE株式会社

「玉ねぎの生産量の多い都道府県ってどこだろう?」

みなさんも、こんな疑問がよく頭をよぎりますよね。(よぎらない)

1位はやはり北海道で、2位が佐賀県、そして3位が兵庫県なのですが、なんとこの3道県で国内シェアの約8割を占めています。

佐賀県も気になるところですが、ぐっとこらえて(?)兵庫県の玉ねぎ事情について調べてみました。すると淡路島の玉ねぎは全国屈指のブランドが判明!

それでは筆者が今回手に入れた『淡路牛玉ねぎカレー』とともに、淡路島の食材の謎を追っていきましょう!

パッケージ表には「おいしいカレーは、おいしい玉ねぎからはじまる。」と、自信と誇りに満ちた煽り文句が。筆者の心に刺さったので記事タイトルに頂戴しました。

裏面にも色々と書かれていますね。「淡路島の玉ねぎは、糖度が高く香りも優れており、玉ねぎ特有の辛味も比較的少なく繊維も柔らかい玉ねぎです。」とのこと。本当でしょうか?

■淡路島の玉ねぎの美味しさの秘密

気になったので調べてみました! JA全農兵庫の公式サイトによると、

あまみとなるソテー時の「全糖含量」を測定した結果、約9~10%。他のたまねぎと比べ最大で約4%の差を確認。つまり「あまい」が圧倒的に高いことが判明。

とのこと。他の玉ねぎとは一線を画す甘さを誇るようです。また辛さに関しても、

辛みを示す「ピルビン酸含量」を測定した結果、最大で他産地の6割程度と確認。つまり「からい」が圧倒的に低いことが判明。

とあり、他産地の玉ねぎに比べて辛さは控えめなようです。お味に関しては◎ですね。そして

特殊な機材を用いて応力(わずかな面積にかかる単位面積あたりの力)を測定したところ、最大で約2倍の差を確認。つまり「やわらかさ」が圧倒的に高いことが判明。

とあり、食感(やわらかさ)についても確かなよう。裏面の記載に偽りなし!

さらに裏面によると、この「淡路牛」も神戸牛や松坂牛にも劣らないブランド牛だそう。

淡路島ブランドがこれでもかと詰まったカレーを食べられるなんて……期待が高まってきました。

■いざ実食!玉ねぎの甘さとコクに包まれる

さて、淡路島産玉ねぎへの知識欲は満たされたので、次は食欲を満たしていきましょう。

袋を開けた瞬間、ふわっと漂うスパイスの香りに食欲を刺激されまくり。色々調べていてお腹が空いていたので、正直もう早く食べたいです。

それでは、いただきます……!!

あ、甘い……!

中辛と書いてあったため、少し警戒していました(筆者は辛さに弱いです)が、口に入れた瞬間に、玉ねぎの甘さとコクが筆者を優しく出迎えてくれました。ジャンルとしては、欧風カレーに近いですね。

喉元を過ぎ、余韻を楽しんでいるとスパイスが顔を出し、次の一口へと誘われます。

気がついたら、空になったお皿と、おかわりを探す筆者がいました。

何度スプーンを口に運んでも玉ねぎの甘さを感じられ、幸せでした。それでは総評です。

■総評

味 ★★★★☆

辛さ ★★☆☆☆

玉ねぎ度 ★★★★★

玉ねぎ好きな方はぜひどうぞ! 百聞は一食に如かず、です。

【参考】

JA全農兵庫公式サイト