感涙、ルミ子 J1神戸・イニエスタと女優小柳さん対面 「W杯後は濃厚な時間だった」

©株式会社神戸新聞社

イニエスタと顔を合わせ感激のあまり思わず涙ぐむ小柳ルミ子=27日午後、神戸市兵庫区御崎町1、ノエビアスタジアム神戸(撮影・中西大二)

 Jリーグ1部(J1)ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ選手(34)が27日、本拠地ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)で報道各社の合同インタビューに応じた。今季最終節となる12月1日のホーム仙台戦に向け「ファンに勝利をプレゼントし、今シーズンを終えたい」と意気込みを語った。

 今夏のワールドカップ(W杯)ロシア大会後にチームに合流したイニエスタ。来日からの時間を振り返り「W杯が終わってからの時間は濃厚だった。ただ、チームとしてもっといい結果を残したかった」と本音を明かした。

 来季に向けては「クラブとして新しい選手を迎える変化が必要」と補強を提言。一方で「将来性のある選手もいる。このJリーグでベストなチームになるための挑戦に貢献したい」と述べた。

 この日は、J1神戸の親会社楽天が発行する「楽天カード」の新デザイン発表イベントにも出席。ゲストの女優小柳ルミ子さんと、ユニホーム姿の自身があしらわれたカードを披露した。

 また、神戸市交通局のボンネットバス「こべっこ2世」の広報PRのため、写真撮影に協力。車内の天井にはサインをしたためた。

 イニエスタは来日後、リーグ戦13試合に出場。12月1日の仙台戦終了後、母国に戻り、来シーズンに備える。(有島弘記)