沖縄県で2月24日に県民投票

玉城氏が発表、「意思反映を」

©一般社団法人共同通信社

沖縄県の玉城デニー知事

 沖縄県の玉城デニー知事は27日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の賛否を問う県民投票を、来年2月14日告示、24日投開票の日程で実施すると正式に発表した。県庁で記者団に「県民の意思を直接反映できる重要な機会だ。ぜひ投票していただくことを心から希望する」と述べた。

 投開票事務を担う市町村との関係については「緊密に連携し、実施に万全を期す」と強調した。

 事務協力を保留している一部の自治体については「重要な機会なので実施されるよう求めたい」と要請した。条例は、賛否いずれか多い方の票が有権者の4分の1に達すれば、知事は結果を尊重するよう定めている。