佐賀知事選、オスプレイが争点に

29日告示、現職新人の一騎打ち

©一般社団法人共同通信社

 任期満了に伴う佐賀県知事選は29日告示される。立候補を予定しているのはいずれも無所属で、再選を目指す現職山口祥義氏(53)=自民、公明推薦=と、共産党県委員長の新人今田真人氏(72)=共産推薦=の2氏で、一騎打ちとなる公算が大きい。投開票は12月16日。

 山口氏が受け入れを表明した佐賀空港への陸上自衛隊輸送機オスプレイ配備計画や、1期目の県政運営に対する評価が争点となる。

 前回知事選は保守勢力が分裂し、安倍政権の農協改革に反発した地元JAや、一部の自民党県議や首長などが支援した山口氏が、自民、公明両党の推薦を受けた候補ら3人を破り、初当選した。