まだ来ぬ冬 師走は暖か穏やかスタート

©株式会社サニースポット

もうすぐ師走だというのに、今年はなかなか冬がやってきません。先週末にようやく寒くなってきたかと思えば、それも一時的で、きょう27日(火)は季節が逆戻りしたような暖かさとなりました。

この先1週間も、全国的に暖かい日が多くなりそうです。気象庁からは、「高温に関する異常天候早期警戒情報」も発表されています。それによると、沖縄や西日本、東日本では、12月1日頃からの約1週間、気温が平年よりもかなり高くなる可能性があるとのことです。(きのう26日発表)

週間予報でも、師走とは思えない暖かさが予想されています。東京や名古屋、大阪のこの時期らしい(平年並みの)気温は、最低5~7℃、最高13~14℃ですが、12月初めはそれより3~5℃も高くなりそうです。

しかも、1日(土)は、広く高気圧に覆われるため、日差しでポカポカ、風は穏やか、絶好の紅葉狩り日和となります。沖縄は、平年の気温が最低18℃、最高22~23℃ですが、それより3~4℃高くなりそうです。昼間は暑いくらいでしょう。

北日本には一時的に寒気が流れ込み、北海道や東北北部の市街地でも雪が降って、また積もるところが出てきそうです。ところが、12月に入ると日に日に気温が上がり、特に3日(月)~4日(火)はかなり暖かくなりそうです。師走はやってきますが、冬の寒さはやってきそうにありません。