テインから、トヨタ クラウン アスリート、日産 セレナ e-POWER、ホンダ N-BOX/N-BOX カスタム、ホンダ オデッセイ用サスペンションが新発売!

©オートックワン株式会社

テイン サスペンション

トヨタ・日産・ホンダ用サスペンションを4車種同時にリリース

テインから、トヨタ クラウン アスリート、日産 セレナ e-POWER、ホンダ N-BOX/N-BOX カスタム、ホンダ オデッセイ用の足回りが新たにリリースされた。

クラウン アスリート用としては、純正形状ながら優れた乗り心地と性能を両立させたショックアブソーバー「EnduraPro PLUS」と「EnduraPro」を用意。海外ラリー参戦によって蓄積されたノウハウで開発したハイドロ・バンプ・ストッパー(H.B.S.)を採用。シェルケースは純正よりも耐久性を上げ、オイル容量もアップ。さらにEnduraPro PLUSでは、16段階の伸/縮同時減衰力調整機構を搭載し、車室内から減衰力調整が可能なEDFCにも対応する。

日産 セレナ e-POWER向けには、全長調整式ショックアブソーバー「FLEX A」と「FLEX Z」を用意。FLEX Aには、前述のH.B.S.を採用し、ローダウンと快適な乗り心地を両立。FLEX Zはシールド構造を採用することで、高品質でありながら価格を抑えることに成功している。なお両シリーズともにEDFCには対応していない。

ホンダ N-BOX/N-BOX カスタムには、「FLEX Z」と軽自動車専用のローダウンスプリング「S.TECH K-SPECIAL」を用意。同商品は、不快な音を排除するサイレントラバーを装備しつつ、「へたり保証」を導入するなど、リーズナブルでありながら精悍なローフォルムを手軽に楽しむことができる。

ホンダ オデッセイ向けには、「EnduraPro PLUS SP KIT」を発売。同キットは、純正形状のダンパーに16段階の減衰力調整機構を追加した「EnduraPro PLUS」をベースに、さらに車種専用のローダウンスプリングを組み合わせたもの。H.B.S.を搭載し、純正よりも快適性、耐久性をアップ。なおEDFCには対応していない。

トヨタ クラウン アスリート(ARS210・FR)

EnduraPro PLUS フロント 1万4000円(税抜き)リア 1万4000円(税抜き)

EnduraPro フロント 1万2000円(税抜き) リア 1万2000円(税抜き)

日産 セレナ e-POWER(HFC27・FF)

FLEX A 15万0000円(税抜き)

FLEX Z 10万5000円(税抜き)

ホンダ N-BOX/N-BOX カスタム(JF4・4WD)

FLEX Z 10万0000円(税抜き)

S.TECH K-SPECIAL 2万8000円(税抜き)

ホンダ オデッセイ(RC1・FF)

EnduraPro PLUS SP KIT 7万9000円(税抜き)

EDFC ACTIVE PRO

コントローラーキット:5万2000円(税抜き)

モーターキット:1万5500円(税抜き)

ストラットキット:3000円(税抜き)

GPSキット:6600円(税抜き)

延長ピストンロッドトップ:7000円(税抜き)

モーターエクステンションキット:7600円(税抜き)

EDFC2

コントローラーキット:1万9000円(税抜き)

モーターキット:1万5500円(税抜き)

ストラットキット:3000円(税抜き)

延長ピストンロッドトップ:7000円(税抜き)

モーターエクステンションキット:7600円(税抜き)

EDFC ACTIVE

コントローラーキット:3万2000円(税抜き)

モーターキット:1万5500円(税抜き)

ストラットキット:3000円(税抜き)

GPSキット:6600円(税抜き)

延長ピストンロッドトップ:7000円(税抜き)

モーターエクステンションキット:7600円(税抜き)

EDFC ACTIVE PRO アップグレード

コントローラー本体:2万0000円(税抜き)

シグナルコンバーター:1万3000円(税抜き)

ストラットキット:3000円(税抜き)

延長ピストンロッドトップ:7000円(税抜き)

モーターエクステンションキット:7600円(税抜き)

テイン公式サイト