廃車の新幹線使い救出訓練 大規模災害想定、JR東と3県警

©一般社団法人共同通信社

JR東日本と宮城、福島、山形の3県警が27日、廃車となった新幹線を使い、地震などの大規模災害が発生し、乗客を救出するとの想定で訓練を実施した。実際に車両の窓ガラスを割ったり、車両側面を切断したりし、手順などを確認した。仙台市消防局の関係者を含め、計約50人が参加した。