帰還カプセル公開 JAXA

©株式会社茨城新聞社

報道陣に公開された小型回収カプセル本体=27日午前、つくば市千現のJAXA筑波宇宙センター

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は27日、国際宇宙ステーション(ISS)から地球に帰還した小型回収カプセルを、つくば市千現の筑波宇宙センターで報道陣に公開した。カプセルはISSで作製したタンパク質の結晶など実験試料を内部に積み、11日に宇宙から無事帰還することに日本で初めて成功した。

カプセルは高さ約66センチ、直径約84センチで、末広がりの円筒形。大気圏再突入時の衝撃と高温に耐えられる設計で、ISSに物資を運ぶ無人補給機「こうのとり」7号機から切り離され、11日に太平洋の南鳥島近海に着水した。内部のタンパク質も無事で、地上での分析に利用できることが確認された。開発チームでカプセル設計の取りまとめ役を担った渡辺泰秀さんは「耐熱材に大きな破損や亀裂はなく、状態は良好。カプセル内部を熱から守る性能として十分だったと確認できた」と語った。(高阿田総司)