アイヌ楽器と沖縄民謡共演

白老・8日にライブ

©株式会社室蘭民報社

 アイヌ民族の伝統楽器「トンコリ」奏者のOKIさん、沖縄民謡の大城美佐子さんによるライブ公演「雪珊瑚」=写真はポスター=が12月8日午後6時半から、白老町大町の「ナイトパブ・キャメル№1」で開かれる。

 主催は文化庁とウイマム文化芸術実行委員会。同実行委は「アイヌ音楽と沖縄音楽という、北と南の遠く離れた土地で培われたリズムを奏でる2人のミュージシャンによる豊かな対話の時間となるでしょう」と来場を呼び掛けている。

 アイヌ民族のOKIさんは、国内外で演奏活動をしている。大城さんは那覇市で「大城美佐子の店 島思い」を経営しながら国内外で活動。伸びやかな高音は「絹糸の声」と評されている。

 入場料は前売り券2500円、当日券3500円、中学生以下は無料。前売り券は白老観光協会などで扱っている。電話予約は携帯電話090・2816・4505へ。