アルミ協会が東京メトロと広報事業でタイアップ

丸ノ内線モデルポスター掲載

©株式会社鉄鋼新聞社

 日本アルミニウム協会は今年も東京メトロと広報事業でタイアップする。第4段となる今年は丸ノ内線をモデルとして、東京メトロの主要駅にポスターを掲示する。

 掲載期間は12月10~24日。銀座や日本橋、上野、新宿など主要駅に昨年より81枚多い130枚を掲載する予定。

 アルミ協会と東京メトロのタイアップは2015年に始まり、銀座線、日比谷線、東西線をモデルにしてきた。4回目となる今年はアルミ協会の事務所も立地する銀座駅などを有する丸ノ内線をモデルに採用。丸ノ内線の車両がアルミ製であることを文字と写真で全面に打ち出してアルミ車両のPRを目指していく。