菊池雄星、エ軍本拠アナハイムでNHL観戦 MLB公式伝える「居住先として検討?」

©株式会社Creative2

今オフ、ポスティングでの海外移籍を模索する西武・菊池雄星【写真:荒川祐史】

12月3日にポスティング申請の手続きが行われる菊池

 今オフにポスティングシステムを利用してメジャーに挑戦する西武の菊池雄星投手。12月3日にポスティング申請の手続きが行われるとされている。MLBの複数球団が獲得に動くと予想され、間も無く争奪戦がスタートすることになる。

 菊池の動向に注目が集まる中、MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」では菊池がロサンゼルスでNHLのアナハイム・ダックスの試合に観戦に訪れていたことをレポート。地元紙「オレンジ・カウンティ・レジスター」のエンゼルス番記者ジェフ・フレッチャー氏のツイッターに対し、カリフォルニアの不動産会社「スタンドアウト・リアルティー」社が返信した写真を引用して伝えている。

 菊池がアナハイム・ダックスのユニホームを着用し、スタンドで試合観戦に興じてる。これに対し、「Cut4」は「これはどういうことだろうか? 球団はこの選手と交渉することがまだ許可されていない中で、キクチは居住先として検討している可能性があるエリアのチェックをしていたとも考えられる」と言及している。

 代理人を務めるスコット・ボラス氏とミーティングを行うために米国を訪れ、19日に帰国していた菊池。「もちろんキクチがアナハイムにいた本当の理由は代理人のスコット・ボラスのニューポートビーチ事務所でのミーティングに参加するためだったであろう。しかし、キクチが最終的に決断を下す際に、どのような要素が重要な役割を果たすのかは誰にもわからない。彼は根っからのダックスファンなのかもしれない」と指摘していた。(Full-Count編集部)