漫画の無断投稿、発信者開示命令

東京地裁「ユーチューブ」に

©一般社団法人共同通信社

「ユーチューブ」に無断投稿された動画の画面。「闇金ウシジマくん」の絵を背景に、漫画から抜き出した吹き出しなどの文字が下から上へ流れる(小学館提供)

 小学館は28日、東京地裁が動画サイト「ユーチューブ」の米国本社に対し、真鍋昌平さんの人気漫画「闇金ウシジマくん」を無断投稿した6件の発信者情報を開示するよう命じる仮処分決定を出した、と発表した。決定は27日付。漫画は小学館発行の雑誌に連載中で、真鍋さんが著作権侵害だとして10月4日に仮処分を申し立てていた。

 小学館の法務・契約室は「決定は、漫画の吹き出しの文字だけを抜き出した投稿動画の違法性も認めており、非常に画期的。発信者を突き止め、民事、刑事両面で責任を追及する」としている。