イラン核合意崩壊、重大危機招く

存続へ日本に協力要請

©一般社団法人共同通信社

共同通信のインタビューに答えるイランのサレヒ副大統領兼原子力庁長官=27日、ブリュッセル(共同)

 【ブリュッセル共同】イランのサレヒ副大統領兼原子力庁長官は27日、トランプ米政権の離脱で崩壊の瀬戸際にある核合意について「失われれば、何が起きるか誰も予測できない事態に陥る」と警告、既存の国際秩序を乱す重大な危機を招くとの認識を示した。日本を含めた各国に合意存続への協力を要請した。訪問先のブリュッセルで共同通信と単独会見した。

 イランは核合意を順守するが、米国の離脱に伴う制裁再開で経済が疲弊。核開発政策の要を担うサレヒ氏は、約束を守るイランが苦境に陥ることは是認できないと強調、合意離脱を辞さない姿勢を鮮明にした。