論文無断転載で絶版・回収

ジャーナリストの著作で

©一般社団法人共同通信社

 出版社の勁草書房(東京)は28日、4月に同社が出版したジャーナリストでメディア研究者渡辺真由子さんの著書「『創作子どもポルノ』と子どもの人権」に、広範囲にわたる論文の無断転載があったとして、同書を絶版とし、書店から回収すると発表した。購入者への返金にも応じる。

 渡辺さんは通信制の星槎大大学院で客員教授を務め、「ネット時代のメディア教育特論」の講義などを担当。勁草書房は公式サイトに「編集過程で原典の確認を怠ったミスであり、弁解の余地はない」との宮本詳三取締役編集部長のコメントを掲載した。

 返金の問い合わせは勁草書房営業部、電話03(3814)6861。