新総合体育館4階建て アリーナ最大8000席 鹿児島県案

©株式会社南日本新聞社

 鹿児島県が鹿児島中央駅西口の鹿児島市武1丁目で整備を目指しているアリーナ型の新総合体育館について、地上4階地下1階の延べ床面積約3万5000平方メートルで検討していることが28日分かった。
 1階から4階まで吹き抜けのメインアリーナと、サブアリーナ、柔・剣道場、弓道場に分かれ、地下に駐車場とトレーニング室がある。駐車場を除いた延べ床面積は県体育館の4倍超の規模。メインアリーナのコンサート使用時の客席は最大8000席程度で、鹿児島アリーナの最大5700席を上回る。