北陸・北日本は大幅気温ダウン 日本海側で吹雪くところも 太平洋側は晴れ

©株式会社ウェザーマップ

29日の各地の天気予報と予想最高気温(前日差)。

 きょう29日(木)は北陸から北の日本海側で雨や雪となる。北風が強く、吹雪くところもありそうだ。一方で太平洋側は晴れる所が多くなる。日中の気温は北陸や北日本できのうよりグッと下がる予想だが、そのほかの地域ではきのうに続いて、日中は暖かくなる所が多そうだ。

日本海側で冷たい雨や雪 太平洋側は晴れ

29日午後9時の風と雨や雪の予想。

 午前5時現在、西日本から東日本にかけて広く雨をもたらした低気圧による雲は東の海上に抜け、太平洋側は晴れの領域となっている。
 このあと日本付近は段々と西高東低の冬型に気圧配置となる。そのため、日本海側には北よりの風に乗って湿った寒気が流れ込み、雲が広がる予想だ。

 特に北陸から北の日本海側は冷たい雨や雪で、風が強いため吹雪く所もありそうだ。強風による高波の他、落雷、突風にも注意が必要となる。

 関東から西の太平洋側では晴れるものの、東日本も風が強いため高波などに注意したい。

北陸・北日本は気温大幅ダウン

29日の予想最高気温分布。

 日中の気温は、北陸と北日本で大きく下がり、仙台はきのうより7℃低い11℃の予想となっている。これでやっと平年並みの気温だが、北風が強いため、きのうとの寒暖差がより顕著に感じられそうだ。「気温差5℃で衣服1枚分」といわれるため、これらの地域では、きのうより1枚多く着て出かけるくらいが良さそうだ。

 一方、東京や名古屋、大阪はきのうより2℃下がるも、まだこの時季としては高い気温で、九州や四国に至っては、きのうより高く、20℃くらいまで上がる予想だ。

週末から再び気温上昇

30日からの週間天気予報と予想最高気温(℃)。

 この先の各地の気温を見てみると、きょう気温が下がった地域も、再び気温が上がる所が多く、東京では週明けの12月4日(火)に21℃と10月中旬並みの気温が予想されている。12月がスタートしても季節の歩みはゆっくりだ。
 
 ただ、この時期は一年で最も日没時間が早いため、日差しの暖かさを感じていられる時間はあまり長くない。気温に合わせた服装選びにしばらく悩まされそうだ。(気象予報士・野口琢矢)