日産など3社首脳ら、今夜協議へ

連合統括の後任焦点

©一般社団法人共同通信社

 日産自動車とフランス大手ルノー、三菱自動車の首脳が29日夜、3社の企業連合を統括するカルロス・ゴーン容疑者の逮捕を受け、今後の連合の在り方を協議する。同容疑者は日産と三菱自の代表取締役会長職を解かれたが、ルノーでは会長兼最高経営責任者(CEO)にとどまる。3社連合の統括会社のトップはルノーが務める規定があり、後任選びが焦点となる。連合の主導権を巡る水面下の確執があらわになる可能性もある。

 協議は統括会社があるオランダ・アムステルダムで日本時間の夜に開かれる見通しだ。日産の西川広人社長と三菱自の益子修CEOはインターネット中継で参加する予定。