羽生結弦、GPファイナルを欠場

右足首負傷、全日本も厳しく

©一般社団法人共同通信社

羽生結弦

 日本スケート連盟は29日、フィギュア男子で冬季五輪2連覇の羽生結弦(23)=ANA=が右足首負傷のためグランプリ(GP)シリーズ上位6人によるGPファイナル(12月6~8日・バンクーバー)を欠場すると発表した。2013~16年に4連覇し、男女を通じ初の5度目の優勝が懸かっていた。

 右足関節外側靱帯損傷、三角靱帯損傷、右腓骨筋腱部損傷と診断され、痛めた17日から3週間の安静と患部固定、その後約1カ月のリハビリ加療を要する見込み。世界選手権(来年3月・さいたま市)の代表最終選考会を兼ねる全日本選手権(12月21~24日・大阪)の出場も厳しい状況となった。