富裕層の申告漏れ、670億円

国税庁、51.9%増

©一般社団法人共同通信社

 国税庁は29日、2017事務年度(17年7月~18年6月)の所得税などの調査結果を発表した。富裕層の申告漏れ所得は前事務年度比51.9%増の670億円。現在の集計方法になった09事務年度以降で最高となった。

 富裕層を含む全体の申告漏れ所得は同1.7%増の9038億円、追徴税額は同7.6%増の1196億円。調査件数約62万3千件のうち約38万4千件で申告漏れなどがあった。

 東京国税局は、男性会社員に民泊で得た所得の申告漏れ約2600万円を指摘し、約700万円を追徴した。仮想通貨を取引した男性会社員には約5千万円の申告漏れを指摘、約2400万円を追徴した。