欅坂46、今年の“ベスト”は「サイマジョ」以来の“あの場所”でのライブ!

©株式会社東京ニュース通信社

嵐の櫻井翔が総合司会を務め、日本テレビ系で11月28日放送の「日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト2018 ~いつもそこに歌があった~」(午後7:00)。ベテランから若手までおよそ30組のアーティストが集結し、時代を超えて語り継がれる名曲から今聴いておきたい平成の曲を3時間生放送。放送18年目となる今年は、昨年のベストアーティストや、今年7月に同系で放送した「THE MUSIC DAY~伝えたい歌~」と同様に、古坂大魔王および,青木源太、佐藤梨那両アナのMCによる「裏配信☆大魔王の部屋」の生配信を行った。「ベストアーティスト」のステージをついさっき終えたばかりのアーティストを招き、白熱のライブコメンタリーや、気になるプライベートまで、裏表満載のトークを展開。先ほど、同番組の放送が終了した。

欅坂46からはメンバーの石森虹花、尾関梨香、織田奈那、小池美波、渡邉理佐の5人が“入室”した。今年の夏フェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」で着用していた衣装で登場したメンバー。自己紹介で小池のかわいらしい声にノックアウトされた青木アナ。すると、小池は「これ、普通の声なんですけど、声で『年齢違う?』とよく聞かれます」と。「アニメチックな声、かわいいです」声に敏感な青木アナから褒め言葉を受けると、小池は照れた表情を浮かべた。

大型歌番組出演についての話になると、緊張しがちなメンバーが多いとのことで、ジャンプをしたり、お互いに振りを確認をしたりと、楽屋はにぎやかにしていることを告白。しかし、そんなストイックかつ、和気あいあいの雰囲気の欅坂46に対して、先日バラエティー番組で共演したという古坂大魔王は、「バラエティーの本番中に声を張らない」とダメ出し。すかさず青木アナが「20歳のキャピキャピ感がいい意味でない。大人」とフォローするも、古坂はこないだの収録のレコーディングで、「声よりもノイズの方が大きかった、もうちょっと(キャピキャピ感が)あれ!」と追い打ちをかけた。さらに、AKB48、乃木坂46、欅坂46の3グループを比較し、それぞれ赤、青、黒と称し、「かっこいいんだよ~」とほれぼれした様子。

今年のベストな瞬間を聞かれると、織田からはファーストシングル「サイレントマジョリティー」のMV(ミュージックビデオ)のロケ現場の話題に。当時は工事現場だったロケ地だが、2年越しに大型複合施設ができ、そこのこけら落としライブを行ったとのこと。自分たちの成長と、歳月の経過を実感し、感慨深げだった。

そんな欅坂46のメンバーは「ベストアーティスト2018」で、全力で「アンビバレント」を熱唱した。

写真提供/日本テレビ