白石麻衣が保育園で母性全開! かわいすぎてもん絶、そして涙…

©株式会社東京ニュース通信社

日本テレビほかで12月4日放送の「NOGIBINGO!10」(火曜深夜1:29)は、乃木坂46の白石麻衣が“わがままセンター”として登場。高校時代は保育士になるのが夢だったほど子ども好きな白石が「子どもをガマンしない!」をテーマに、保育園で母性を全開させる。

同番組は“わがままセンター”になった乃木坂46メンバーが「普段はガマンしていること」を解放すべく、さまざまな企画に挑戦するバラエティー。今回は白石をサポートする“盛りあガール”として大園桃子、斉藤優里、向井葉月も参加。恒例ルールの“ニックネームでお互いを呼び合う”は、子どもたちが呼びやすいことを考慮して、白石が「まいにゃん」、大園が「ももたろう」、斉藤が「ゆうりす」、向井が「ばーばー」に決定する。

普段あまり接する機会のない子どもたちと「一緒に遊びたい!」と切望する白石のために、保育園にお邪魔した4人は、まず0歳児のクラスへ。おもちゃで遊ぶヨチヨチ歩きの赤ちゃんたちにメロメロとなった4人は「かわいい!」「かわいすぎて苦しい…」ともん絶。泣き出す赤ちゃんを抱っこで上手にあやす斉藤、「いないいないばー」をやる白石など母性あふれる4人の表情が見どころに。

5歳児のクラスでは元気いっぱいの子どもたちに囲まれ、「歌って!」というリクエストが飛び出すほか、おなじみの“ジョーカード”で選ばれた2人が子どもたちのために、お絵かきに挑戦。さらに、給食の時間には「ここに座って!」と子どもたちがメンバーの取り合いを始めるほか、「まいにゃん」コールが沸き起こる場面も。食後の歯磨きタイムでは、「メンバーの歯を磨いたことがある」という白石が仕上げを担当することになり、子どもたちが行列をつくるなど、楽しい時間に白石は終始笑顔に包まれる。そして、お別れのあいさつでは、子どもたちからプレゼントが贈られ、白石は「最近、涙腺弱くて…」と思わず涙を流してしまう。

白石は「朝からずっと楽しかったですし、子どもたちとの距離も縮まった1日だったので、まだ終わってほしくないなって気持ちでいっぱいです。寂しいですね。私、最近はすぐ泣くようになってしまって。子どもたちからのサプライズが素直にうれしかったです」とロケを振り返り、「今回は今までのわがままセンターとはまた違った、ちっちゃい子どもたちと楽しんでいる姿や、それぞれ子どもに対する気持ちがたくさん出ている回になっていると思います。どこを見ても笑顔になれると思うので、ファンの方だけでなく、いろんな人に見ていただいて、幸せな気持ちになってもらえたらと思います」と見どころを訴えている。