サウジ記者殺害、G20の議題も

アルゼンチン大統領

©一般社団法人共同通信社

 【ブエノスアイレス共同】南米アルゼンチンのマクリ大統領は29日、首都ブエノスアイレスで30日に開幕する20カ国・地域(G20)首脳会合で、サウジアラビア人記者カショギ氏殺害事件が議題に上る可能性があると述べた。事件への関与を疑われているサウジのムハンマド皇太子も首脳会合に出席する予定。

 フランスのマクロン大統領と会談後、共同記者会見で語った。ロイター通信によると、マクロン氏は首脳会合とは別に皇太子と会談すると明らかにした。皇太子が事件後に欧米諸国の首脳と会談するのは初めてで、マクロン氏は「事件に関して全ての真相を知ることが必要だ」と強調した。