東海第2 日立市長 再稼働、市民の意見聴取 年明けにも会議設置

©株式会社茨城新聞社

日本原子力発電(原電)東海第2原発を巡り、日立市の小川春樹市長は29日の定例会見で、再稼働の是非を判断するに当たって市民の代表者から幅広く意見を聞く会議について、年明け後にも設置する考えを明らかにした。具体的な人選は検討中とした。原電が国の全ての審査を終えながら、再稼働する意思の有無を一切表明していない点に関しては「理解しがたい」と不快感を示した。

会見で小川市長は、水戸市が設置した有識者会議なども参考にしながら、「原電がどうするかを見極め、(幅広い市民の代表者で構成する)会議を設け意見を聞きたい。時期は年明けになる」と述べた。

原電が運転延長認可を含め国の全ての審査をクリアした段階になってなお、再稼働に関する意思を表明しないことを「不思議に感じる。約1800億円もかける工事なのに、何のための工事かはっきりしないのは理解しがたい」と非難した。

原電の和智信隆副社長の「拒否権なんて言葉は新協定のどこにもない」との発言についても「(原電と首長側との)互いの信頼関係が低下したとも思っている」と話した。 (川崎勉)