アルクテラス、新生銀行グループやZ会グループより1億円の資金を調達

©株式会社翔泳社

アルクテラスは、新生銀行と新生企業投資が共同設立した日本インパクト、および既存株主であるZ会グループの持株会社・増進会ホールディングスから、第三者割当増資として総額1億円の資金調達を行ったことを、11月30日に発表した。

今回の資金調達は、企業の新卒採用支援事業の開発、学習ノート共有アプリ「Clear」のユーザー拡大、学習塾向けサービス「ClearS」の機能拡大を目的としている。

同社は、「Clear」のユーザーに対してマッチングに有効なアプローチを行う仕組みを構築することで、大学1・2年生など低学年への幅広いアプローチを通じて、学生が自身に適した業界と企業を見つけるきっかけを提供するとともに、企業への理解を深める時間を長く持ってもらうことで、就職活動・採用活動におけるミスマッチの削減を目指す。