住宅街で20代女性刺される 船橋、中年とみられる男逃走

©株式会社千葉日報社

 船橋市旭町1の路上で11月29日午後8時半ごろ、20代女性が男に包丁で左腹部を刺された。男は包丁を刺したまま逃走した。女性の命に別条はないという。船橋署が殺人未遂事件として捜査している。

 同署によると、女性は振り向いた際に左腹部1カ所を刺され、幅約2センチの傷を負った。刺された包丁を体から引き抜き、自ら「男に刃物で刺された」と119番通報した。自宅から外出した直後だったとみられる。

 逃げた男は中年とみられ、黒いマスクを着け、いずれも黒色のジャンパー、ズボン姿だった。

 現場は東武野田線塚田駅から北へ約1キロの住宅街。県立船橋啓明高校近く。