バカリズム&中丸雄一&カズレーザーが自宅公開! 中丸に「男子校で嫌われるパターン」と2人からクレーム!?

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ朝日系で12月2日に放送される「家事ヤロウ!!!SP」(午後10:00)では、さまざまな芸能人のリアルな家事事情を徹底調査する。毎週火曜に深夜のローカル番組としてレギュラー放送され、バカリズム、KAT-TUN・中丸雄一、メイプル超合金・カズレーザーという3人の独身男性が一般家庭でのロケで家事を学ぶ同番組。今回のスペシャルでは、小倉優子、田中美保ら“ママ芸能人”、花の独身・SKE48の須田亜香里、イクメンでおなじみの織田信成、冠料理番組を持つロバート・馬場裕之、普段から番組を見ているというベストセラー作家・吉本ばななといった芸能人の自宅キッチンにカメラを設置し、独自の家事スタイルを明らかにしていく。

スタジオでの収録を終えて、バカリズムは「いつもと全く雰囲気が違ったので、僕らよりもスタッフさんのテンションが上がっていた気がします」と振り返った。中丸も「普段はネット番組のようにラフな気持ちで収録に臨んでいるが、さすがに今回はテレビだなと実感しました(笑)」と同調。さらにバカリズムは、「通常は一般の主婦の方とのんびりやっているので、急に芸能人の方がゲストに来ると緊張しちゃう。いつもは、全く家事のできないわれわれが、初歩からやっていくっていうのが趣旨なのに、今回のスペシャルでは僕らを完全に無視している」と不平を述べた。芸能人たちの料理や台所事情を見たカズレーザーからは「あんなに台所が奇麗なことなんてあります? うそですよね?」と首を傾げる。

また、今回は3人の自宅キッチンにもカメラを設置。自宅をテレビで初公開するバカリズムはインスタントラーメンを、カズレーザーは特製プロテイン&ペンネを披露。「それらは料理ってことでいいんですか?」という突っ込みに対しては、「火を使って、売っている形から形状が変わったら、どこに出しても恥ずかしくない料理です」とそろって豪語する。一方、パンケーキを作った中丸に対しては「やりやがった。男子校で嫌われるパターンですよ。女性芸能人に対してのアピールがエグかったですね」と2人から批難の声も。中丸は「パンケーキに関しては好きな時期があったので、それだけは作るの得意なんですよね」と弁明しながらも、2人からのプレッシャーに対して「この番組ではバランス調整が難しくて、下手なことはできないな」と苦笑いしている。

「M-1グランプリ2018」から直結しての放送となることについて、バカリズムは「受け取ったバトンをしっかりと落とします」と自虐的に語り、カズレーザーは「優しいハーブティーでも飲んで気持ちをリセットさせてからご覧になってください(笑)」と視聴者にアドバイスした。ほかに番組では、3人が“あるものに強烈なこだわりを持つ芸能人”の自宅訪問として、専門家からも絶賛されるサラダ作りを行うRIKACOと、ハチミツを愛してやまない泉谷しげるの自宅にもお邪魔する。