横浜流星のマイルドヤンキー仲間役に注目の若手俳優が勢ぞろい!

©株式会社東京ニュース通信社

TBS系で2019年1月期放送の連続ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(火曜午後10:00、開始日未定)で、横浜流星が演じる不良高校生・由利匡平のマイルドヤンキー仲間役で注目の若手俳優の永田崇人、堀家一希、櫻井圭佑、若林拓也が出演することが決まった。

ドラマは持田あき氏による同名漫画を原作に、人生何もかもをしくじっている超鈍感なアラサーの予備校講師・春見順子(深田恭子)が、クールかつエリートのいとこ・八雲雅志(永山絢斗)、東大合格を目指す匡平、高校教師の山下一真(中村倫也)というタイプの異なるイケメン3人から一挙にアプローチされるラブコメディー。

永田らが演じるのは、名前を書けば入れる“おバカ”高校の生徒で、いつも匡平と行動を共にする“通称・マイヤン”5人組という役どころ。エンドー役の永田は「平成最後のクールにこのドラマに出演できること、とてもうれしいです。原作も読ませていただいたのですが、エンドーは匡平の幼なじみで、とても愛嬌(あいきょう)のある愛されキャラ。そういう部分をたくさんお見せできるように頑張りたいと思います。よく女性が『男ってバカだよねー』と言っている姿を目にするのですが、そんな部分も発揮していきたい」と意気込んでおり、ナラ役の堀家も「ラブストーリーの中に視聴者の方がいい意味で気楽に、そしてクスッと笑える息抜きみたいなシーンを作っていけるよう頑張ります。マイルドヤンキーたちのコンビネーションにも注目してもらえるとうれしいです」と見どころをアピール。

また、カブ役の櫻井は「愛すべきおバカなカブというキャラクター。また新しい役をやらせていただけて光栄です。17歳という役どころなので明るく元気に頑張ります」と意欲を見せており、今作が連ドラ初出演となる木佐役の若林も「実際の自分の性格とは真逆な無口で寡黙な少年です。5人組で行動することが多いので、どうすれば仲の良い空気感を感じてもらえるか、視聴していただく方たちに木佐という人物を気に留めていただけるような存在感をどう表現できるかなど、毎日考えながら撮影に臨んでいます」と役作りを明かした。